スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

片方だけが幸せにはなれません。

カップルのうち片方だけが幸せで,もう片方は不幸せ。
そんな状況は,長い目で見ればあり得ません。

ルールズその1

「女の勝ち組」と「男の負け組」を生む法則(ルールズ)

これは結婚マニュアルでも何でもない。

女が絶対に損をしない、傷付かない付き合い方、アプローチのされ方を説き、そのような不平等な関係を嫌がる男は「理想の相手じゃない」と排除し、とにかく女に気に入られさえすれば奴隷のように振舞うのもいとわない男を「Mr.Right」だと言っているだけなのだ。
(続く)

こういう女はやめとけ No!男性差別

トラックバック先のサイトでは,ルールズ―理想の男性と結婚するための35の法則が紹介されています。
実際、この本のとおりに振舞えば、相手さえ見つかれば女は必ず幸せになれるそうです。
このサイトでは,その代償としてただし、相手の男の幸せは保証しない点を批判しています。
しかし,実際はそんなことはできないでしょう。
相手の男性が幸せでなければ,女性のほうも幸せにはなれないからです。

例えば,カップルのうち彼氏が不眠不休で働き,彼女にネックレスをプレゼントしたとします。
彼女は普通喜ぶでしょうが,もし彼氏が過労で倒れた場合はどうでしょうか。
嬉しい気持ちはあれど,やはり彼氏のことが心配になりますよね。
これが過労ならまだいいかもしれませんが,無理な借金をしてまでだったり,そのまま死んでしまったりしたら,プレゼントどころではありません。

ほかには,彼氏の仕事が忙しく寂しい思いをしている女性が我慢しすぎた場合はどうでしょうか。
その女性は幸せは感じないでしょうし,それはパートナーの男性にも伝わります。
やっと会う時間が取れたのに,我慢したイライラがたまったまま終止ふてくされていたり,相手の言葉にいちいちつっかかってしまったり。
結局どちらも幸せではなくなります。
カップルは幸せだけでなく,不幸せも共有してしまうのです。

「そんなことはない。相手が借金しようが倒れようが,自分に迷惑かけさえしなければいい」という場合,それは本当の幸せではないとまでは思いませんが,パートナーシップを築いて得た幸せではないことは確かでしょう。
わざわざ体力を使ってまで付き合う必要はない。
相手が苦しんでいても「めんどくさい」で済ませたくなるような相手なら,そもそもなぜパートナーとして選んだのか,と問う必要が出てきます。
誰かと付き合うこと自体に幸せを見出すなら,やはり両方が幸せである必要があります。

付き合うことは二人三脚です。
どちらかが転べば二人とも転び,痛い思いをする。
よく言われることですが,まさに「二人なら幸せは二倍に,不幸せは半分に」だと思います。
互いに幸せを与え合い,それがどんどん好循環になっていくようなカップルを目指したいものですね。

スポンサーサイト

みじかめ恋愛アドバイス

恋愛メモ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。