スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あまり親しくない相手に告白したことはありませんか。

中学生くらいだと、一度も話したことがないのに告白するなんてこともあるようです。

男性から女性に告白する場合だと、当然に成功しづらいですよね。
女性から男性の場合はうまくいくことも多いと思いますが、それは男性が告白されるという貴重な機会を逃したくないためであったりもします。
だからと言って、告白が成功してもそれは本当の成功ではない、不純だなどと言うつもりはありません。
付き合い始めてからいかに心を近づけられるかのほうがより大事なことだからです。

男性には、いきなり告白などは控えてほしいと思います。
アプローチを受ける側にまわることの多い女性にしてみれば、あまりに押せ押せで来る相手からは逃げたくなるからです。
「押せばなんとかなる」という考えでは、やたら数を撃ったわりに成功しないことが多いと思います。

いきなり告白する人について考えてみましょう。
告白する側は自信がなかったり、焦っていたりすることがほとんどです。
親しくなれるとは思えなかったり、親しくなろうにもどうすればいいかわからなかったり、そんな悠長なことをしていたのでは誰かにとられるのではと思ったりしているのです。

友達として近づくうちにぼろが出てかっこ悪く思われるのではと感じていたら、今のうちに告白しないと成功しないように思えてしまいます。
じわじわと苦みを味わうよりは、告白の答えをもらって一気に決めてもらったほうがいいと思うのもわかります。

告白される側としては、両想いでもない限り、よくわかりもしない相手からの誘いは断りたくなります。
「とりあえず付き合って様子をみよう」とするには、付き合うことはエネルギーがかかりすぎるのです。

仲良くなろうと近づいたもののおどおどしていてはかっこ悪いです。
焦ってフライングするのもかっこ悪いことです。
今の自分ではどちらに転んでも大差ないということを認めることから、成就への一歩を踏み出しましょう。

スポンサーサイト

みじかめ恋愛アドバイス

恋愛メモ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。