タグ「共鳴」の検索結果

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カラオケでもじもじされると周りも恥ずかしくなります。

音程が合っているのか気にしながらだったり、周りがしらけないか気にしながらだったり、歌詞を間違えないか探り探りだったり。
恥ずかしがって誰かが歌うところを見ると、自分まで恥ずかしくなりますよね。

この理由には、大きなものが二つあります。

一つは、歌い手と気持ちが共鳴したからです。
共鳴とは、例えば同じ音階のおんさを二つ並べて片方を叩くと自然と叩いていないもう片方まで鳴りだす、という現象です。
(参考 2-2-2-3 共振・共鳴 の上から5段落め)
気持ち、心の共鳴もこのイメージで、例えば友達とハイテンションで笑い合っているときには、その場のみんながハイテンションで楽しい気持ちを共有しています。
たくさんのおんさが一度に鳴っていて、大きな音を出しているようなのです。
カラオケの例で言うと、恥ずかしいと思う気持ちが共鳴したのですね。

二つめの理由は、「歌い手が恥ずかしいと思っているようだ」と聴き手が気付かされたからです。
私はある学生バンドのライブを見に行ったことがあり、そのときバンドのボーカルが歌詞を途中で忘れて恥ずかしそうにしていたことで、こちらまで恥ずかしくされたのを覚えています。
私が知っている曲は一曲もなかったので、彼女がもし歌詞を忘れたところを適当に埋めていれば(ラララーなどと)私はわからなかったでしょう。
たとえ知っていたところで、後で「忘れてたよね」とバンドのメンバーには言われるのでしょうが、その瞬間は誰も恥ずかしくさせなかったと思います。
彼女と私は知り合いではなかったので、共鳴したというよりは「歌詞を忘れてしかも恥ずかしがっている」を意識させられたからでしょう。
ボーカルである彼女が意識したこと(本当は気付かれたくないはずのこと)がこちらにも伝わったのです。
私以外にも同じ気持ちになった人がいたと思います。

たとえ本人が気にしていなくても恥ずかしくされることがあるので「本人さえ恥ずかしがらなければ大丈夫」とも言い切れないのですが、少なくとも周りが「キューティーハニー歌ってよ!」とはやし立てる場面では本気で歌ったほうが良いですよね。

男性であればデートのとき、かっこよく見せたいと思います。
そこで「今日の服ださくないかな」などと気にしていたら、全然かっこよくありません。
女性にも言えます。
そんなときは覚悟を決めて(反省なら後でいくらでもしましょう)、「もう着てデートに来てしまったのだ。服はいいからこのデートを全力で楽しもう」と考えると、自然と肩の力が抜けて魅力が発揮できます。
肩に力が入った男性の多さを感じるので、ぜひ意識してもらいたいです。
本当にかっこ良いですから。

みじかめ恋愛アドバイス

恋愛メモ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。